2022年1月18日に日本のオークションにて、オークション会社手数料、消費税込3,441万円で落札されました。

5ギニーの中で、コインの美しさとして、ナンバー1がこの1701年の5ギニーとなります。コインの出来が素晴らしいため、別名、ファインワークスと言われています。

ウィリアム3世は、オランダのオレンジ家の系統を継ぐ血筋であり、オレンジ家は、12世紀から神聖ローマ帝国に仕えていたのです。

そのため、神聖ローマ帝国の家臣の子孫とも言え、超広義の神聖ローマ帝国関連のコインとも言えます。

そのため、ここまで、力を込めた、5ギニーを作ったのかもしれません。

歴史から、想像する、非常に面白いですね。

是非、この素晴らしい1枚を家宝に所有してみてください。

 

鑑定枚数は、下記となります。

2022年1月19日時点