ルイ16世の妻は、ご存知の通り、マリー・アントワネットです。

ルイ16世が逃亡しようとしたヴァレンヌ事件、

この時、群衆に見つかったのは、このコインが原因と言われております。

もっと早くにルイ16世が、逃げる決断をしていれば、王政が崩壊することがなかったろうに、そして、マリー・アントワネットも殺されることがなかったと、時々悔やんでおります。

ただ、神聖ローマ帝国もそうですが、現場から離れた王は、おおよそ現場の感覚が分からず、狩猟に出かけるなど、そういう生活が王としては当たり前だったため、危機感を感じることができなかったのは、致し方なかいとは思います。

私は、このコインが、ルイ16世が見つかる原因となったとのことを聞き、その当時のコインを持っているということだけで、とてもワクワクします。

是非、このコインをきっかけに、フランス王室、神聖ローマ帝国の歴史に興味をもっていただけると嬉しい限りです。

鑑定枚数は、下記となります。

2022年6月23日時点

オークション価格は、下記となります。

オークション会社手数料、輸入消費税込549,036円で落札されました。