西ガンガ王朝は、インド 古代カルナータカの大きな王朝でした。西ガンガとして知られており、現在のオリッサ州あたりを支配していた東ガンガとは、区別しています。

Hoysala帝国は、10世紀から14世紀にかけて、この地域を支配し、当初、Belurに首都を置き、その後、Halebiduに移しています。

このHoysala時代は、南インドの芸術、建築の発展の重要な時期でした。そして、belurのChennakesava寺院、HalebiduのHoysaleswara寺院、SomanathapuraのKesava寺院を含め、今もカルナータカ地方には、当時の寺院が100以上も残っています。

その時の寺院などでの建築の際、象がよく描かれていることから、このコインには、象が描かれています。

鑑定枚数は、下記となります。

2022年8月20日時点