初めての方とお話をしておりますと、やはり、怖くて、イギリスしか選べないようです。

私も、一番初めは、イギリスコインを購入したため、そのお気持ちは十分に分かります。

ただ、イギリスと言っても、いきなり、知らないものに、500万円、1,000万円をつぎ込める人はまずいないでしょう。

そうなりますと最初は100万円、高くても300万円という予算になります。

よく聞くご希望は、300万円の予算で、下記3条件を満たしているコインが欲しいと言われます。

残念ながら、このようなイギリスコインでは、存在しません。

最初は怖くて、予算を上げることはできませんので、何らかの条件を緩めるしか方法がございません。

条件を緩めるにしても、高鑑定という条件を緩めれば、いくらでも見つかります。

ただし、投資、資産保全で考えておられる方は、この②の条件を外すことができないということになります。

そうなりますとやはりと言いますか、ヤングエリザベスとなります。

現在、競合他社、海外市場をみても、ヤングエリザベス70鑑定はもうほとんど出ていない状況となりました。

発行枚数は、多く見えるかもしれませんが、市場に出てこなくなったという面から見ますと、希少性という条件も満たすようになってきました。

ただし、一番希少性の高い、1982年70鑑定は高すぎますので、1980年、1981年、1984年の70鑑定を狙ってみてください。

当社では、1981年、1984年の70鑑定を扱っておりますので、是非ご検討ください。5~10年後には、これらのコインを200万円以下で購入できなくなる日がくるとみております。

正直、初めての方には、これしかない、というベストバイとなります。

今後、これらも入手困難になりますので、10年後が楽しみなコインと言えるでしょう。

<参考資料>

1980年
発行枚数:10,000枚(総鑑定枚数:632枚)

1981年
発行枚数:5,000枚(総鑑定枚数:411枚)

1982年
発行枚数:2,500枚(総鑑定枚数:280枚)

1984年
発行枚数:7,095枚(総鑑定枚数:635枚)