【結果報告】国内オークション注目コイン ~イギリス5ポンド金貨~

  • Facebook
  • twitter
  • hatena
  • pocket
  • google

5ポンドは1年前の2018年初旬から日本市場の価格が、50%程下落しており、非常に厳しい局面が続いております。今回の結果は当面イギリス5ポンド金貨の低迷を象徴するようなオークションであったと感じております。

  • 1826年 ジョージ4世 PR63+DCAM

スタート価格:1,450万円(オークション会社手数料、消費税込16,066,000円)

落札価格:1,450万円

  • 1839年 ウナライオン PR62DCAM

スタート価格:3,200万円(オークション会社手数料、消費税込35,456,000円)

落札価格:3,200万円

  • 1839年 ウナライオン PF63+UCAMセット

スタート価格:4,500万円(オークション会社手数料、消費税込4,986万円)

落札結果:不落

  • 1887年 ヴィクトリア ジュビリーヘッド 5ポンド金貨 PR63DCAM

スタート価格:380万円(オークション会社手数料、消費税込4,276,880円)

落札結果:不落

  • 1893年 ヴィクトリア ヴェールヘッド 5ポンド金貨 PR63+DCAM

スタート価格:480万円(オークション会社手数料、消費税込5,318,400円)

落札結果:480万円

 

市場は、ヴィクトリア1887年、1893年プルーフPR63DCAM共に350万円程であるとみていることが分かります。所有者の販売価格と購入者の購入価格の差が大きく、当分5ポンドの63クラスは市場に出てこない可能性があります。そのため8月のヘリテージには、所有者が怖くて出せないという事情が発生し、出品がない可能性もあります。

ウナライオンは、高くても一定の人気があることが証明されましたが、やはりセットは5ポンド以外の対応が難しく、落札されにくい傾向が続いています。